妊娠して便秘になってしまったらヨーグルトとオリゴ糖が効果的!

スポンサーリンク
子宮が大きくなります。
圧迫されて骨盤の中の血液の流れが悪くなります。
腸の運動が悪くなります。
便秘
なるほど、いつの間にやら立派な妊婦ですね。2日に一回ほど、、不規則な時間にちょこっとの量の便が出るだけです。

妊娠中の便秘にはヨーグルトとオリゴ糖!

妊娠して便秘になる原因は上記のような事なので、腸の活動を良くする為に、ヨーグルトを食べ始めました、オリゴ糖を入れて。毎日カップ一杯ぶんぐらいのヨーグルト、嫌いじゃないので旦那の僕も一緒に食べてますよ。
オリゴ糖は乳酸菌の働きを活発にするので、一緒に食べるのがおすすめ。
何日かでいくらかマシになって、ちゃんとした量が出る日が増えました、
妊娠中の便秘解消は食事から!ヨーグルトとオリゴ糖は試してみる価値アリですね。
それと水分補給も忘れずに。特に朝起きたらコップ一杯の水を飲む事で、腸が動き出し、腸の動きが良くなります。

下剤の服用にはご注意を!

便秘になってもくれぐれも市販の下剤は使わないで下さいね。市販の下剤には子宮収縮作用のある成分が含まれてる事があり、流産や早産の原因にもなりかねません。
便秘には乳酸菌+食物繊維+水分補給が効果的。乳酸菌(ヨーグルト)+食物繊維(オリゴ糖)+水分補給(ルイボスティーもおすすめ)で便秘を解消!

混ぜるだけで簡単に作れるカスピ海ヨーグルト。

フジッコ カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌(1セット)


妊娠中に痔になる人も、なんと7割!
便秘になると肛門の周りの血液の流れが悪くなって肛門が硬くなり、”痔”にもなりやすくなります。出産経験のある人のなんと7割の人が痔の経験があるって!
怖いですね〜…そうならない為にも頑張って食べましょう!ヨーグルト!旦那さんもご一緒に、1人では続けられない事も2人なら続けられたりしますからね。

関連記事:便秘の悩みに

我が家ではカスピ海ヨーグルトを手作りして、植え継ぎして食べてます。ちょっと前までは市販の明治ブルガリアヨーグルトとか恵ヨーグルトとかを買って食べてましたが、カスピ海ヨーグルトを頂いたので。作り方はとっても簡単だしトロトロで美味しいですよ。
カスピ海ヨーグルトの作り方​
​用意する物
​・カスピ海ヨーグルトの種(通販で買えます。)
・牛乳
・500ml以上入る蓋つき容器
牛乳は常温にしておきまして
1.容器に牛乳を半分入れる
2.カスピ海ヨーグルトの種を入れて熱湯消毒したスプーンでまぜる。
3.残りの牛乳を入れてまぜる。
4.24時間ほど揺らしたりせず常温で放置!
以上です。適当に作っても案外できるんですが、失敗したくない方はキットを買う方がおすすめですね。カスピ海ヨーグルトは時間が経つほどトロトロになり、なめらかな食感がクセになります。
一度出来てしまえば植え継ぎ用のカスピ海ヨーグルトを分けておいて、そこに牛乳を足せばどんどん出来ていきますよ。一応雑菌が入らないように、植え継ぎ用を取り分ける時には熱湯消毒したスプーンを使って下さい。
このぐらいなら仕事の後の旦那さんにも出来ますね。妊娠して便秘に悩む奥さんのために人肌脱いであげるってのはどうですか?自分の役割りが一つ出来るのも、心が楽になりますよ。

どんな容器を用意すれのかわからない方や、失敗が不安な方には容器付きのフジッコのスターターキットを。
容器と種菌、作り方の説明書も付いて、これだけあればカスピ海ヨーグルトは作れます。

あ、牛乳は買ってきてください。

フジッコ カスピ海ヨーグルトスタートセット

日本一のオリゴ糖!カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

アデュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする