冷え性でもないのに…妊娠中は体調が変化!妊娠すると体が冷える原因と対策。

スポンサーリンク

冷え性でもないのに、妊娠中に体が冷えると感じる妊婦さんも多いです。

妊娠すると体が冷える原因はなんでしょうか?

やはりまずは、子宮が大きくなる事によって血行が悪くなる事。それからホルモンバランスの変化が妊娠中に体が冷える原因と言われています。

他にも姿勢が変わる事からも起こる血行不良。少しお腹を突き出すような姿勢になる事が多くなり、腰を少し反らせたような姿勢になりますので、腰の辺りの血行不良から特に下半身の冷えが起こります。

うちの奥さんも妊娠前にも増して寒がりに!石油ファンヒーターとホットカーペットがフル稼働中です。

妊娠中の冷えをとる対策はどんな方法があるのでしょうか?

​妊娠中の入浴で対策!

​血行不良の改善には

入浴やマッサージが効果的です。

温泉に関しては近年、「温泉の禁忌となる対象から妊娠中を外しましょう」となりまして、妊婦さんも堂々と温泉に入れるようになりましたが、今だに妊婦さんは入浴禁止の所は多いようですね。
その多くは何かあった時に責任が取れないからです。
妊婦さんは貧血気味などでのぼせやすくなってたりするので、のぼせや転倒によるケガに注意して入浴しましょう。

うちの妊婦は、近場の銭湯に週一ほど出かてリラックスしています。考えてみれば自宅にお風呂の無い人が多い時代は、妊娠中でもみんな銭湯ですもんね。
銭湯に妊婦さんが行けないというのは近年の話なんです。

広いお風呂にゆっくりつかることは、筋肉や交感神経の緊張を低下させ、ストレス解消、冷えの改善に繋がると思います。

妊娠中の入浴の注意点は

 
・のぼせとケガ
 
十分注意しながら、少し羽根を伸ばして入浴してリラックス。リラックスしてストレスを解消すれば、マタニティーブルーにもならないようにする効果もあるかも。
 

​妊娠中の体の冷えによる影響

たかが冷えと侮ってはいけません。
その時にガマンすれば良いだけでなく、後々の難産にも繋がってきちゃいますよ。

難産を避けるには日頃から筋肉を柔らかくしておく事が大切なです。妊娠中に冷えは禁物と言われる所以はこんなところにもあるようですね。
もちろん血行が悪く体が冷えていると、胎児へ栄養が届きづらくなったり、赤ちゃんが動いて、逆子の原因にもなるそうです。
 

​血行不良は食事で改善

​血行不良の改善には、先ほど述べたような入浴やマッサージ。他には
・軽いストレッチなどの運動
・腹巻きを巻いたり
・お腹にカイロを貼ったりetc…

ありますが、食事によって体を内側から温め、冷えにくい体質にするのが一番かもしれません。

おすすめは皆さんご存知とは思いますがショウガです。
ショウガは血行不良の改善だけでなく、基礎代謝も高める効果がありますので、妊娠中の運動不足による体重の増加も防いでくれますよ。

妊娠中の冷えにおすすめの簡単レシピ!

ショウガたっぷりの温やっこを、レンジでチンですが、先日作って出したら大変喜ばれました!料理下手な旦那さんでも時間の無い旦那さんでもこれならオッケーじゃない?簡単すぎる?
【黒砂糖や蜂蜜とお湯で溶かしてしょうが湯ドリンク!】

溶かすだけの飲み物は助かりますね。メイト〜しょうが紅茶で心も体も温めましょう。
【溶かして簡単!おいしい!しょうが紅茶】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする