新型出生前診断nipt検査の第2回カウンセリング

スポンサーリンク

新型出生前診断nipt検査の第2回目のカウンセリングは、時間は30分ほど、費用は5,000円ですが、nipt検査を受ける場合は検査費用の20万円がこの日に前払いになります。

nipt検査でわかるのは、13、18、21番の染色体の異常です。21番の染色体の異常が、ダウン症。他の染色体の異常はもっと重篤な状態で産まれてくることになり、ほとんどが一年も生きられない子供となるそうです。それでも産んであげて世界を少しでも見せてあげた方がいいのか?意見はそれぞれだと思います。
この新型出生前診断のnipt検査の信頼度なんですが、陰性の場合(異常が見られない場合)は99%と、非常に高い精度です。
しかし陽性の場合となると、その信頼度は80%程度と、少し低い値になってます。(染色体異常の疑いの無い妊婦さんも合わせると、その信頼度は50%とも言われています。)
という事で、この検査で陽性と出てしまった場合、まだまだ異常の無い可能性がだいぶ残ってますので、その後、羊水検査も受けるのかどうかという検討に入ることになりますね。
羊水検査は確定検査、nipt検査は信頼度99%とはいえ、非確定な検査です。nipt検査は妊婦さんの血液の染色体を調べて統計的に調べる検査で、羊水検査は羊水の中の赤ちゃんの染色体を直接調べるんだそうです。

僕達は高齢出産ですのでnipt検査を受ける意思が固まっていましたが、第1回目のカウンセリングを受け、出生前診断を受けるという意味、そしてどちらの結果が出た場合にも、その受け入れ方と対処法。それらをもう一度確認して、nipt検査を受ける意思を伝えました。

この日は血液検査のための血液20mlを採取し、お金を払って終了。結果を待ちます。新型出生前診断は本人の検査自体は血液を摂るだけで非常に簡単な検査です。大切なのはその意味をしっかりと考える事ですね。

NIPT検査の関連記事↓

出生前診断の周産期医療

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする