水天宮、戌の日のお参りの下見。

スポンサーリンク
これまた子供ができるまで知らなかったイベントが
戌の日のお参り。
妊娠当初に知りました。まだ先だ先だと思っている内に近付いてきたので、調べてみました。
戌の日のお参りとは?
妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に、安産のためのお参りをして腹帯を巻くというもの。昔は”寿”と書いたサラシを巻いて安産を願ったと母親が言っておりました。
なぜ戌の日に行うのかといいますと、犬というのは多産で非常にお産が軽いという事から、それにあやかって戌の日に行うそうです。
5ヶ月に入った最初の戌の日、こちらも調べてみると、残念ながら僕が行けない日でした…ので、奥さんの母親と一緒に行ってもらう事にしてその前に一度行ってみる事にしました。僕が水天宮に行きたかっただけなんですけどね。
水天宮駅もあるんですが、うちからだと人形町の方が行きやすいので人形町の駅から歩いて行くと、確かあの辺り?と思う所が大きな工事中。その先だったかな?道路標識もそっちに向かってるし…
ガーン!工事中なのは水天宮…今は仮の宮が少し離れた場所にあるようです。貼ってあった地図を頼りに歩いて10分ぐらい?浜町から近い明治座の隣に仮の宮はありました。う〜ん、小さい…
しかし下見に来たのは良かったです。知らずに戌の日のお参りの時に、奥さんとお母さんがショックを受けるところでしたから。
そしてもう一つ来て良かった事が。受け付けの人に聞いてみたら、腹帯を巻くのが戌の日で、お参り自体は戌の日にこだわらず、その前に済ませておいて良いそうです。
戌の日にお参りに行くと大変な混雑で、付き添いの人は中にも入れず、3時間待ちとかになるそうですよ!予約とかも特になく、当日に行って受け付けですって。
では僕も行ける日に行く事にしまーす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする