40代!男の妊活について。

スポンサーリンク
現在妊娠5カ月、安定期に入りまして、多少の不調はありつつも、だいぶ安定してます。産婦人科もこの時期は4週間に1回と、そんなに少なくて良いんですね〜。
恥ずかしながら週一ぐらいで通う物だと思ってました。なるほど、妊娠は病気じゃないし保険も効かないですもんね。
あんまり新しいネタもないので(良い事ですね。)続いて妊活について。

男性側もするのが重要な妊活

男の人は妊活についてどう考えてますか?子供なんて作ろうと思えばすぐに出来るとか、軽く考えている人が多いんではないでしょうか?

今回はこんな記事を。前回とかぶってる部分もありますが。

どうでしょう?男性の妊活に年齢は関係ないと思ってましたが、どうやら少し関係ありそうですよね。男性も子づくりはちゃんと早目から考えておきましょう。
それに不妊に悩んで調べてみたら男性側に問題があった!なんて悲劇も意外とある事です。
本来なら精子の検査などは、結婚前からしておいて、自分の体の事はしっかり把握して相手に伝えられるようにしておくべきかもしれませんね。
妊活は女性だけの問題じゃないのは当たり前ですからっ!
実際に妊娠するのは女性だからと女性だけに任せておくのは最悪です。男性も同じ目線で考えましょうね。ただでさえ辛い思いをするのは女性、本当に大変なのは女性ですから、気持ちを共有できるように努めましょう。

男性側の妊活の負担

しかしながらタイミング法での妊活も男性には意外とプレッシャーになるもの。月に一度の妊娠のチャンスを逃すと次はまた一ヶ月後と思うと…そして排卵日当日にいきなりそういう空気を作られても対応できない時もあります。そこらへんは女性にもわかっていただきたいと願います。心の準備も必要だし、うまくいかなければ傷付きます。男性は意外とナイーブなんです。
実際に妊活中は色々な口論もありました。でも基礎体温計を使い、僕も毎日チェックする事で、2人で一緒に妊活に向かっていけるようになりました。
無事に妊娠する事ができましたが、やはりもっと早くしておけばという気持ちが残ってます。若い方が読んでいましたら、ホントに年を取るのは早いので、早目の計画的な子作りをして欲しいと声を大にして言いたいです。若いうちなら不妊に対しても色々な対処法があります。段階的にタイムリミットもやってきます。手遅れになる前に頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする