妊婦さんがなりやすい貧血と鉄剤の副作用?

スポンサーリンク
妊婦さんが貧血になりやすい原因は、妊娠して血液の量が増えるのに対して、血液中の赤血球の量が増えず、いわば薄い血になってしまうから。
妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに栄養をたくさん送るために、血液の量は1.5倍にもなるようで、どうしても血液が薄くなりがちですね。
貧血の症状としては”めまい”や”立ちくらみ”が代表的です。

貧血の時に処方される薬

​血液検査の結果、医師によって貧血と診断されますと、鉄剤を処方されます。

うちの奥さんも「ちょっと貧血が出てますね〜。」ということで、鉄剤を処方されました。
フェロチームという鉄剤です。

鉄剤を飲むと、副作用として、
・便が黒くなる。
・便秘になる。
と産婦人科の医師からの説明を受けましたが、さて、これで貧血も治るかな〜?

鉄剤のその他の副作用。

妊婦健診で貧血気味と言われて処方された鉄剤はフェロチーム。
妊婦健診はこの時期、4週間に一度程度なので、早めに薬を出してくれる事も多いでしょう。これで鉄剤、胃薬、痛み止め、下剤と、毎日飲む物ではありませんが4種類の薬を処方してもらっていることになります。

鉄剤を飲んで1日目。

言われた通りの黒くて硬い便、こりゃ便秘も目前だな。

鉄剤を飲んで2日目。

おや?下痢に腹痛、さらには逆に貧血のようなめまい!

むむむ、これも鉄剤の副作用なのかな?
フェロチームを飲むのはやめて様子を見る事にします…

鉄分はレバーやほうれん草など、やっぱり薬よりも食べ物で補う方が良いのでしょう。
貧血に効果があって鉄分の豊富な食べ物を摂取するとしまして、なんとかこの貧血を乗り切れないかな?
そういえば昔、鉄骨飲料ってジュースがありましたね。
わりと妊婦さん向けのジュースだったんでしょうかね?
いずれ血となる骨となる〜♪
鉄骨娘としてcmソングを歌っていたのは鷲尾いさ子さん。
って40代の方にはわかるはず。懐かしい〜
2000年頃にリニューアルして販売されたようですが、それも今はもう無いですね。
他にも僕が懐かしい飲み物は、燃焼系〜燃焼系〜アミノ式♪とか、クエン酸たっぷりのすっぱいジュースとか、健康志向だったんですね。余談です…

妊娠していなくてもほとんどの女性は鉄分が足りていないそうです。

妊活中の人も早めから鉄分を摂って貧血を予防しておいた方が良さそうですよ。

鉄分が豊富なジュース!

鉄分の補給を手軽にできる鉄分ジュースを友達から教えてもらいました。ちょっと鉄っぽい味もしますが、それも鉄分が豊富って事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする