妊娠8ヶ月での出血 まさか"おしるし"?

スポンサーリンク

先日、妊婦健診の翌日だったんですが、朝起きたら少し出血があったと。

早速病院に電話して相談したところ、「少量の出血で出血も続いておらず、他に違和感も無いのであれば大丈夫だと思いますが、お腹が張りやすい方なので診てみないとなんとも…」と。

では診て貰いましょう、という訳で産婦人科に行ってみました。

妊娠8ヶ月で心配な早産。

妊娠22週から36週で赤ちゃんが産まれる事を、早産、あるいは切迫早産といいます。
現在29週ですし、切迫早産の原因に子宮筋腫の合併症というのも考えられますので、やはり産婦人科に行くのが正解でしょうね。

前日の妊婦健診では頸管の長さもしっかり3センチ以上あり、29週まで来ていますので、この時点でものすごい切迫早産という事は無いですね。と言われておりました。

子宮も開いていないし。ただ、お腹は張りやすいのでなるべく安静にするようにとは言われました。お腹はかなりカチカチに張るんですよね。起きてる1日の3分の1ぐらいはそのぐらい張ってます。
なので心配事はお腹の張りと出血です。

切迫早産の経験者のお話し↓

もう一つ心配なおりもの

これは無かったんですが、通常と違うおりものがあると、なお心配ですね。
出産前のおりものは、普段は黄色っぽいおりものが白くなり、量もはるかに増えます。これがいよいよ出産の兆候です。
大体出産の1週間ぐらい前からこのような兆候が現れ、これに血が混じるとおしるしとなり、もう出産は目の前となります。

今回は少量の出血なのでおしるしって事は無さそうですが、おしるしも陣痛の前にあると聞いてましたので、お腹も張るし、もしかしておしるし?出産が近づいてる?と、ビビってました。
破水が先にあってそのまま早産に繋がってしまうという話もけっこうよく聞きますしね。
何にせよ、もしかしてこのまま出産?という事も考え、入院の準備もして産婦人科に行きました。
正常でも思いの外早くキタ!ってこともありますし、8ヶ月になってたら常に入院の覚悟も必要でしょう。

妊娠8ヶ月の出血の原因。

そして診察の結果は

どうやら前日の健診の際に少〜しだけ傷がついての出血だろうって事でした〜。

頸管の長さもあるし、子宮が柔らかくなってる事も無く、しっかりまだ閉じてるようでした。
良かった。奥さんの体はホントによく頑張ってます。奥さんも無茶せずよく頑張ってます。

いや、ホント、陣痛の兆候かしら?とビビってました。

この記事を読んだ人にオススメの記事↓
妊娠8ヶ月の赤ちゃんは?

このブログの人気記事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする