楽に産んじゃおう!麻酔分娩について。

スポンサーリンク
麻酔分娩について、麻酔分娩とはどんなもので、どんなメリットやリスクがあるかについてを教えてもらえる麻酔分娩学級なるものに行ってきました。病院が開催しているものです。

麻酔分娩は他にも無痛分娩とか和痛分娩とか言われるそうですが、内容は同じですね。なんとなく理解した事を書いておきたいと思います。

麻酔分娩とは?
分娩の時に麻酔を使って分娩の痛みを少なくして赤ちゃんを産む事ですね。
使うのは硬膜外麻酔法という方法が一般的。専門的な事はよくわかりませんが、脊椎のあたりの硬膜外というところに背中から麻酔を入れ、お腹付近の痛みが脳に届かないようにする方法です。
痛みだけを取るので、お母さんの運動能力や赤ちゃんにも影響はほとんどありません。
陣痛は通常通りに起きていますが、お母さんに痛みを伝わりにくくする方法ということですかね。
麻酔分娩の流れ。
昔の麻酔分娩は麻酔によって陣痛が弱くなって産まれにくくなるなんて話しも聞きましたが、今は技術も進んで、そういうことは無さそう。
麻酔分娩をするには、まずは通常通りの陣痛が来てからです。
本陣痛が来て、病院に行きまして、子宮口がある程度開いてきてから、麻酔分娩が始まります。
そんなヒマも無くスポーンと産まれて、麻酔をするつもりだったけど使わなかった!なんて安産もあるらしいです。それも羨ましいですね。
病院に行きましたら、陣痛の強さを計測できるモニターをお腹に付けて、麻酔を開始!子宮の収縮はモニターでわかりますし、陣痛の強さに合わせて麻酔を調節するそうです。
陣痛の痛みは少し残し、子宮の収縮の感覚がお母さんにも残るように進めていきますが、痛みが強い場合は自己申告して麻酔を足してもらいます。
いよいよ子宮口も全開!会陰切開の痛みも麻酔のおかげでありません!
少ない痛みで無事に出産〜!
と、うまくいけばこうなるみたいですね〜。
麻酔分娩の費用
気になる麻酔分娩にかかる費用ですが、それほど高くありません。
わが家の行ってる病院では、通常の出産費用にプラス一万円、オプションみたいな感じですね。
この費用は麻酔分娩を予定したいたけど使わなかった時にはかかりません。
後の質問の時間には
実際の分娩の時に”スポーン”と産まれて麻酔が必要なかった場合の費用は?という質問がありました。

「ご心配無く、費用は麻酔を使った時点から発生します。」
というお答えでした。
病院によりますので確認してみて下さいね。麻酔分娩を希望している場合は、分娩する産婦人科探しの時に費用などの確認をしておいてから決めると良いですね。
麻酔分娩のリスクは?
メリットはもちろん痛くない事、そして産後のお母さんの回復が早いというメリットもあります。
デメリットは費用がかかることと、痛みが弱いのでいきむ力も弱くなってしまう事。モニターを見ながらいきむタイミングは教えてもらえるようです。
リスクはほとんどありません。麻酔の影響で、お母さんに頭痛などの症状が出る場合もありますが、一時的なもので心配ないです。
その他にも様々なリスクについての説明を麻酔の専門医の医師が説明してくれましたが、症例として出た事は無いものがほとんどでした。
麻酔分娩を選ぶ人の割合
日本ではまだまだ麻酔分娩を選択する人は少ないようです。痛みに耐えて出産する!その方が母親らしいという考え方が根強くありそうでしたが、わが家の行く産科ではどうなんでしょう?気になったので聞いてみました。すると、この病院では約半分の人が選んでいるそうです。
これを聞いて安心しました、半数の人が選ぶ麻酔分娩なら、麻酔分娩に信用のある産婦人科ということでしょう。
分娩する産婦人科探しはその辺りも考慮しましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする