命を繋ぐ!臍帯血バンクに臍帯血を提供する同意書を

スポンサーリンク
臍帯血バンクってご存知ですか?

詳しい事や専門的な事は間違えてしまうと困るのでリンクを貼っておきます。

こちらのサイトのQ&Aの部分を読むと非常にわかりやすいですね。
要するに出産後の胎盤臍帯血から血液を採取し、すぐに冷凍保存。
公的なバンクでは、造血幹細胞の移植が必要で困っている方を見つけて提供されるということですね。
臍帯血(さいたいけつ)とは何かといいますと、へその緒の事です。
造血幹細胞とは血液を造る細胞で、この細胞に異常がでると、白血病再生不良性貧血骨髄異型成症候群などの治療の難しい病気になってしまいます。
造血幹細胞は臍帯血(へその緒)に豊富に含まれていますので、健康な造血幹細胞をへその緒から採取して移植することによって、難しい病気も治せる可能性が高まりますね。
へその緒の中の造血幹細胞は非常に優秀で、なんと!骨髄移植の10分の1の量ですむそうです!
お母さんにも赤ちゃんにもリスクはありませんし、費用もかかりません。
妊婦さんにとっては1人の妊娠につき1度きりのチャンス。臍帯血バンクに臍帯血を提供することで、骨髄の病気の人を助けられるかもしれません。
ただ、どこの産婦人科でもできる訳ではなく、臍帯血バンクと提携している病院で出産しなければ臍帯血の提供ができないのですが、分娩する病院は幸いにもできる病院でした。
この機会を逃さないよう、臍帯血バンクに同意書を書きました。
こんな時ぐらいしか人の役に立つような事もできませんので、私的な保存は考えておりません。公的なバンクに預けます。

民間のバンクで私的保存。

お子さんの将来の病気に備える私的な保存をしたい場合は、お金を払って民間の臍帯血バンクを利用して臍帯血を保存します。

こちらの民間の臍帯血バンクの場合の費用は、10年保存で20万円程度のようですね。
ただ問題も沢山あるようで
なお、身内の方に移植が必要な人がいる場合には、患者さんの病院に相談することでその人に提供できる場合もあるようです。病院に相談してみて下さい。
出産の時にしか採取できない非常に優秀なへその緒の造血幹細胞です。無駄にしないで有効に使ってもらえることは、提供する側としてもすごく嬉しいことですね。
提供するのは奥さんですけどね、同意書には家族のサインも要りますし、気持ちは同じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする