げ、激痛!恐怖のおっぱいマッサージ…

スポンサーリンク
出産経験者の方々が口を揃えておっしゃるのが、おっぱいマッサージの恐怖!

 

めちゃくちゃ痛いらしいです…経験談を聞きますと
  • 出産より痛かった!
  • 涙が止まらなかった!
  • 震えるほど痛い!
etc…

 

う~ん、恐ろしい…乳房も乳首も柔らかくしないと母乳が出ないみたいなんですが、美味しい母乳を出すためにはそんなに痛いマッサージをしなくちゃいけないんですね。

おっぱいマッサージの必要性。

産婦人科によっては助産師さんも非常に厳しく、「痛い!やめて!」と言ってもやめてもらえない非情なマッサージが待っています。

 

非情なマッサージで腫れた乳首を授乳で赤ちゃんに吸われると…

 

ぎやーっ!想像するだけで震えてきます。赤ちゃんのおっぱいを吸う力ってすごく強いんですよね。乳首が切れてしまったり簡単にするそうです。

 

親戚の子供に哺乳瓶でミルクをあげた時の飲む力の力強さ、よく覚えています。

 

ですので、そうならないタメにも産前からおっぱいマッサージをして乳房を柔らかくしたり、乳腺を開いておくと良いでしょう。
そうすると産後のおっぱいマッサージも楽になりますし、乳首を鍛えておけば赤ちゃんの吸い付きにも耐えられますよね。

おっぱいマッサージのやり方。

ちょっと気が進みませんでしたが、今まで奥さんが自分でやってたおっぱいマッサージ、僕も手伝う事にしました。

やる事は

 

乳首をつまんでひっぱる。
乳首を強めに色んな方向からつまむ。
乳首をつまんでゴリゴリする。
 
そんな事を指が白くなるぐらいの力でやってます。
しかし人を痛めつけるなんて、ドエスじやない限りはツライっす!

痛くないおっぱいマッサージ

しかし世の中には痛くないおっぱいマッサージがあるそうです。

 

それが

 

桶谷式おっぱいマッサージ


体験談を見つけました↓


桶谷式マッサージは、昔からの痛いマッサージとは違いまして、温めたりして乳房の底の方の伸縮性を良くし、お乳の出をよくするマッサージだそうで、全国にたくさんの相談室があります。

お値段、料金は3000円程度、母乳に限らず育児に関して様々な相談にも応じてくれるようです。

のちの授乳から乳ばなれするまでの断乳のやり方まで、授乳に関するオリジナルで効果的な方法を体験してみてはいかがでしょう?
効果は絶大!四方八方にぴゅーぴゅーお乳が出るとか!?

 

桶谷式に関する本はコチラ



桶谷式 母乳ですくすく育てる本

他にも哺乳瓶用の乳首や、抱っこひもにも桶谷式の物があるのでチェックしてみて下さいね。
☆Amazon
桶谷式の本や哺乳瓶、哺乳瓶の乳首など。

 

おっぱいマッサージはいつから?

おっぱいマッサージはいつから始めるかと言いますと、早い人は安定期に入った妊娠16週頃から。わが家のようにおっぱいが張りやすい人は妊娠後期、なるべく妊娠36週を過ぎてからが良いようですが、医師に相談して決めましょう。

このブログの人気記事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする