使いやすい抱っこ紐!勝手に人気ランキング!

スポンサーリンク
雑誌を読んで、お店で見て、周りの人に聞いた感想などから選んだ抱っこ紐のランキング!使い方、着け方、はずし方の動画も交えてご紹介します!


1位
アップリカ コランハグ メッシュ
はい、第1位は、僕がベビーザらスでハジから試着して迷いに迷って購入しました、アップリカのコランハグシリーズから、メッシュタイプです。

アップリカのコランハグは日本人の体型に合わせて作られています。抱っこする人の肩と腰への負荷のバランスがピカイチ!長時間の使用でも疲れにくいです。
おんぶハーネス(内側にネットがあります!)という赤ちゃんのずり落ち防止機能もしっかりしていて安心の抱っこ紐。

その中からメッシュタイプがおすすめだと思います。赤ちゃんは基本的に暑がりですからね、大人より一枚少ないぐらいの服を着せるのが調度良いし、抱っこしてるとお母さんの体温も拾ってホッカホカになるようです。

冬場は赤ちゃんの手や足を外気から守るタメ、どのみち上からかけるカバーが必要になるでしょうしね。


アップリカ 抱っこ紐 コランハグ メッシュ Amazon価格17280円


2位
日本限定!リーとのコラボのエルゴベビー
エルゴのちょっと変わった抱っこ紐。
リーとのコラボでデニム生地の抱っこ紐です。
デニム生地なので使い込む程に味が出て、使う人オリジナルの抱っこ紐になるでしょう。イクメンパパも納得です。


*画像は使用した後のイメージ。


1番人気で定番のエルゴベビーですから当然安心の安パイ抱っこ紐。
アップリカみたいなおんぶハーネスがありませんが、今年、別売りの赤ちゃんの腰に巻く腰ベルトが日本限定で発売されましたね。これでずり落ちも防止できそうです。
太めの肩ベルト、腰ベルトで体にしっかりフィットします。

こちらは手に入りずらい物なので、気になる人は見つけたら即買い!


公式ページで探す場合はこちら↓
ダッドウェイオンラインショップ

3位
ベビービョルン オリジナル
最近、人気上昇中のベビービョルンの抱っこ紐。町で見かける事も多くなりましたね。

付け方が少し変わっていますが、その分、ベルトもしっかりで安全性も確保。抱っこした状態でバックルをカチャカチャっと、何度か使えばすぐに付け方も慣れるようで、
「エルゴより使いやすいよ〜」という声も聞きました。

ベビービョルンの抱っこ紐はデザインがスタイリッシュ!
特徴は赤ちゃんの手も出て自由になる事、ヘッドレストがしっかりしていてオプションパーツ無しでも新生児から使える!という事と、ティージングパッドという取り外しができる肩ベルトのカバー。
赤ちゃんは肩ベルトの部分をペロペロ舐めちゃいます。この部分を取り外して洗えるの素晴らしいアイデア!
長く使う抱っこ紐、清潔に使えるのは嬉しいです。

お値段も手頃な(7000円程度)オリジナルというタイプが機能性と手軽さを兼ね備えていて人気です。


ベビービョルン 【日本正規品保証付】 オリジナル Amazon価格6680円


番外編
布1枚タイプ  ズームティー(ベッタ)のキャリーミー
こちらは布1枚で、ベビースリングと呼ばれる赤ちゃんをくるむタイプの抱っこ紐。

お母さんの1番の悩み、赤ちゃんが寝てくれない時や、泣きぐずりの時の対策として、おくるみで赤ちゃんをくるむ!という方法があります。
少し苦しそう?に見えるぐらい、キュッと包む事で、お腹の中と似た状態になって、赤ちゃんは安心するようですね。

それと同じ原理で、布1枚タイプの抱っこ紐なら赤ちゃんが泣き止み、スヤスヤと寝てくれるようです。もちろん赤ちゃんによりますが。
新生児から使えますし、ちょっとしたお出かけ用のサブ抱っこ紐として持っておくと良いかもしれませんね。


ズームティー Carry me plus キャリーミー! プラス Amazon価格6482円


各社、いろいろと工夫していますし、あまり差が無いようにも感じますが、やはりエルゴには無いハーネス付き、日本人の体型に合っていて、腰と肩への負担のバランスが素晴らしく、非常に疲れにくいアップリカのコランハグを1位にしました!口コミやレビューを見ても他の抱っこ紐と比べて断絶疲れないという意見が目立ちます。

コランハグ その他のバリエーション


男目線でちょっと注目を集めそうな物を選びました。少し硬派なランキングかと思いますが、パパにも喜んで育児に参加してもらえるよう、ママも参考にしてみて下さいね。

このブログの人気記事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする