上手に活用!ママの強い味方の家事支援サービスの活用法。

スポンサーリンク
昨日の朝のテレビ、”スッキリ”で紹介された、家事支援サービス。(ベアーズ)
今話題の家事支援サービス、その利用法は、ニーズに合わせて様々ですね。
まずは比較しているサイトがありましたので、それぞれの業者のサービスや料金、評判や口コミを参照下さい。
こちらのサイトでも比較ランキングが1位の家事支援サービス“カジー”とは、いったいどんなサービスなのでしょう?
CaSy(カジー)とは?
費用は1時間あたりの利用料金2,190円〜、業界最安値ですが、行き届いたサービス、気配り、質の高いスタッフで人気があります。


お財布と心が笑顔になる家事代行サービス【CaSy】

予約も簡単!
ネットから簡単に予約できますし、サービスを受けたい直前の3時間前まで、予約の申し込みを受け付けています。
さらに、専用のアプリをスマホに入れておけばもっと簡単に、外出先からでも予約ができます。

登録は無料ですので、まずは無料登録しておけば、いざという時、すぐに利用できます。

指名もOK!
家事支援サービスを利用したことのない人の、利用しない理由は何だと思いますか?
実に半数近くの人が、“他人を自宅に入れるのがイヤだ”ということを理由にあげています。
“掃除をしてくれる人を呼ぶために、部屋を片付けなきゃならない”
という方もいます。ですが、
CaSy(カジー)では指名もできます。
いつも同じスタッフに来てもらえば、家の中の事を気にしたり、家の中の説明をする手間も省けますよね。
家事支援は、慣れてしまえばとっても気楽に利用できるサービスですよ。
そもそも掃除をしに来るスタッフは、片付いていない事など気にしないんですよ。

例えばこんな利用法。

1日2時間、週1回の定期利用で家事支援スタッフを呼んで、どうしても手が回りにくいお風呂場やトイレ、キッチンのシンク回りの掃除を頼んでみてはいかがでしょう?
これだけでも家事のストレスは随分減りますよね。
月に17,000円ほどの費用でストレスを減らせば、他の家事や仕事にも集中できる心の余裕が生まれます。
家事と育児の両立、さらに仕事をするというのは並大抵のことではありませんからね、お金を払ってでも他人に手助けをしてもらうのは、悪いことではありません。
お掃除の実例↓
image.jpeg

まだまだ利用者は1.7%と、かなり低い家事支援サービスですが、その一方で今後利用してみたいと考えている人は20%を超えています。
国も家事支援サービスのガイドラインを作るなどをして普及を目指しており、家事支援サービス業者のサービスも良くなっております。安心して利用できるのではないでしょうか?

【CaSy】忙しいあなたも、Webからいつでも簡単予約

まずは無料登録!妊娠中のご利用もおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする