子供の本は絵が大事。優れた挿絵も多数!育児の味方のおかべりかさんの本から育児を考える。

スポンサーリンク

BB16E4B8-9E24-4048-A724-F843BBAB1A01.jpg


パンチの効いた絵本や子供向けの本、そして挿絵を描いていらっしゃったおかべりかさん。

死去されていたんですね。
おかべりかさんと言えば、福音館書店から出ている「よい子への道。」



大人の言う事を聞いているのが必ずしもよい子ではないんだよ?というメッセージがこめられ、おかべりかさんの育児に対して子供目線を大切にしている考え方が伺えます。
おかべりかさんの作品。
休刊となってしまった「おおきなポケット」も、子供にとってはバイブルになっていたのでは?
「イロイロあるぞ彼らの事情」は子供の心情を表していますので、子供から共感も大きいですが、ぜひ、大人も読んで子供の事情を理解する気持ちを持って育児に臨んでもらいたいと思います。
挿絵を描いた空を飛んだポチ」(文:杉山亮)は、産経児童出版文化賞を受賞。
おかべりかさんの挿絵も受賞に大きく貢献していたことでしょう。


子供にとっては絵本も含めて、本の中の絵は大切ですよね?

うちの子を見ていても、自分の記憶を辿ってみても、本の好き嫌いは絵によって決まる部分も大きいです。



育児がしんどい母親に向けて。
そんな子供目線を持つおかべりかさんは、お母さんに向けた本も手掛けています。

パワー全開!!赤ちゃんのお通〜り(主婦の友社)という本。




月刊誌「わたしの赤ちゃん」に寄せられた、たくさんの赤ちゃんや子供の意味不明な行動。
笑いあり涙ありゲロありウンコあり!
しんどい育児を笑い飛ばせるような、こちらは育児に苦しむ母親たちを勇気づける本ですが、ここでも子供目線のおかべりかさんの絵が説得力を増していますね。






体験談が1番の育児書?
自らの体験に基づく漫画やエッセイ、このブログでも何冊かご紹介していますが、孤独感や、良いお母さんになれていないのでは?と悩むお母さんにとって救いになることでしょう。



超面白い!リアルさが笑える赤ちゃんのドレイ。子供を愛せる?愛せない?




そしてそんな母親の気持ちを、お父さんも読んで理解してください。


特に最近では一人きりでの育児に陥るワンオペ育児で、育児がしんどい、孤独感、母親失格?と思い悩むお母さんも増加傾向ですね。

いいんですよね、育児はうまくできなくても。

子供は天使にも悪魔にもなる不思議な不思議な神様のような生き物。
大人は立派な人間。とても理解不能であいまみえないかと思いますすが、そんな子供の謎な行動を見ながら、少しでも育児を楽しめる気持ちが持てると良いですね。

そしてそんな母親の気持ちを、お父さんは理解してあげましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする