本当に寝るのか?2歳の子におやすみロジャーを読み聞かせした時の反応。

スポンサーリンク

おやすみロジャー。

読むだけで子どもがすぐに眠たくなる、そしてわずか10分で寝る絵本として、効果絶大!

読んでいる大人も眠たくなるそうですね。
わが家の子は本当に寝るのが下手です。
それ以前に寝るのがキライ、ロジャーのようにいつまででも遊んでいたい子なんですが、いざ、自分で寝る気になって目をつぶってもなかなか眠れないんです。
この毎日の苦行の寝かしつけには本当に苦労していまして
毎日毎日、寝かしつけを終えて寝室からしかめっ面で出てくる母親…
「ツライ…」「もうイヤだ。」と機嫌もダダ下がり、そして僕はビクビク。
何とかしたいですよね。
おやすみロジャーで寝るのは何歳から?
テレビや雑誌で何度も取り上げられているおやすみロジャーは、口コミでもその効果は絶大!
本当に子供が寝るのを体感しておすすめしている人も多数です。
僕も近所の人から本当に寝た話しを聞き、ちょっと試してみることに。
一応、おやすみロジャーの寝かしつけ効果が大きいのは2歳〜小学校の低学年ぐらいだそうです。
少し長めの絵本でも聞けるようになる、2歳半ぐらいからが効果がありそうかな?


おやすみロジャーの寝かしつけ効果は?
10分で眠くなる魔法の絵本。心理学に基づいていて、母親を寝かしつけの苦労から解放してあげたい!という著者の思いで、自費出版から広がったおやすみロジャー。そんな
おやすみロジャーVS2歳の娘!
父も母もドキドキです。
内容はといいますと、遊んでばかりで全然寝ないウサギのロジャーが、あくびおじさんやフクロウ、眠たいカタツムリなどから寝るための方法を聞いていき、クタクタで眠たくて仕方がなくなり…
といった感じの絵本。その中に、子供の名前を入れて読んだり、ゆっくり読むポイントが指示されていたり、確かに眠たくなる工夫がたくさんされていますが、2歳にはちょっと早いかな〜?字も多いしっかりとしたお話しの絵本です。
一応、わが家の2歳の娘は絵本は大好き。新しい物も好きなので、
「今日は新しい絵本読もうか?」
と言うと嬉しそうに自分で本棚から持ってきました。
それからは寝室で母親と2人になりますので、僕が目撃した一部始終、そして母親の証言です。
まずは絵本を開いた途端、いきなり不機嫌に!何かを察知したようで、ムムッと眉間にシワを寄せました。
まるで
「あなた達この本で私を寝かそうとしているでしょ?」
とでも言いたそう。なぜバレた?子供には不思議な力が絶対あるし…でも絵本だし…
母親も負けじと、「ほら、ウサギさんの本だよ。」などと言いながらなんとか読み聞かせようと頑張ります。僕は寝室を出てその後…
おやすみロジャーは最初の2ページほどで、子供は自分でパラパラとめくっていき、
「おーしーまい。」
と絵本を閉じ、明らかに拒絶反応を示し、その後はいつも以上に遊んでいつも以上に時間のかかる寝かしつけになりました。
ロジャーの完敗!
ロジャーの完敗!ですが。
残念ながらわが家の2歳の子にはおやすみロジャーは効果無し。むしろ逆効果でしたが、子供の反応は千差万別。おそらく本当に眠くなる子の方が大多数なのでしょう。
口コミや体験談を聞くと、試してみる価値はあると思います。
画像は販売ページのリンクになっていますが、買うのはちょっと…図書館で借りて試してみてからの方が良いかもしれませんね。
でもプレゼントするには良いですね。自分で買うのはちょっとアレなんで、もしかしたらもう少し大きくなると効果があるかも?
今、効果のある物が欲しいんですが…
人気声優も!おやすみロジャーのCDブック。
CDブックも発売されています。
これを寝る前に流しておくと、読むことすら拒否するわが子にももしかしたら効果があるのかな?
全文ではありませんが、YouTubeに水樹奈々さん、中村悠一さんの読み聞かせ動画がアップされてますね。
試してみると、どうでしょう?



コレ欲しい!ミッキーの力で寝かし付け。

ディズニー ピクサーキャラクターズ ドリームスイッチ (Dream Switch)

(amazon)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする