2歳の子供の感受性ってどのくらい?映画を見て大泣きするうちの子。

スポンサーリンク

ちょっと書くのを忘れていたけど、とても印象に残っている事がありました。

今ではもう無いことなのなので、これはブログに書いて残そうと思います。
2歳になって間もない頃の、子供の感受性についてです。
2歳の子供の感受性はどのくらい?
2歳というと、すでに親にとっては赤ちゃんじゃなくなってますよね?
乳離れも済んでいて、早い子だとオムツも取れています。
(うちの子はオムツはまだまだです。)
色々な事を理解しているな。と感じる事が多くないですか?
一般的には、赤ちゃんの時によく泣く子供というのは、感受性が豊かな子だと言われますね。
何かに対してストレスを感じる事によって泣く。
何も感じなければ泣く事もありませんので、よく泣く子を持って苦労しているママさん、パパさん、その子はとても感受性が豊かな子なんですよ。
人見知りも同様に、感受性からです。


ニコニコと誰にでも笑う子供が可愛くて羨ましいかもしれませんが、これも感受性が豊かな証拠です。
パパママをはじめとした、人の話や反応も、かなり理解していると思います。
そしてそれに対しても、赤ちゃんなりに何かを感じ取って、赤ちゃんなりに気持ちが動くんですね。なので、
どうせ分かんないから。
と、子供の前で変な事を言わないように気をつけています。
BD5DDB69-6519-4F74-8D2E-A1620C0B3957.jpg
赤ちゃんの時からよく泣いて人見知りのうちの子に映画のDVDを見せたら?
そんなわが子に映画のDVDを見せた時のお話し。
まぁ1歳ぐらいまでは、映画のDVDをテレビで流したり、赤ちゃんが喜ぶようなDVDを見せたりしても、動くものや音に反応しているぐらいでしたが、2歳となると、もうテレビもよく見ます。
例によって、”おかあさんといっしょ”と”いないいないばぁ”の朝のNHK黄金コースに、アンパンマンも大好き。
そこで、あらためてひとつ映画を見せてみることに。
選んだ映画は
「崖の上のポニョ」
宮崎駿監督のジブリ作品ですね。ちなみに僕も奥さんも、何度か見てますが、なんじゃコリャ!ジブリも終わったな…なんて思った映画です。
ところが崖の上のポニョにうちの子は大ハマり!
ポニョが出てくればニコニコと、そうすけのお母さんのリサが居なくなれば
お母さんが居ないよ〜、居なくなっちゃったよ〜〜〜
と大泣き。ポニョが連れ戻されればまた大泣き、魚に戻ってさらに大泣き…
泣きっぱなしの1時間半、果たしてどんな脳みそでどんな理解の仕方をしているのかは分かりませんが、
とにかく可哀想だったり、主人公達の不安な気持ちを察しているのか?感情移入しているのか?
まさに感受性が豊か過ぎるんじゃないの?
というほど過剰な反応なんです。
な、何か障害を抱えてる子?
なんて心配になるほどです…
このお母さんと離れ離れになる展開がとても悲しいようで、その後に見せた空飛ぶ象のダンボ。
1D4DBB71-BF67-48BA-9BA7-25A8F07D3EB2.jpg
これまた大泣き!
泣きっぱなしの大騒ぎで、ラストにお母さん象のジャンボに会えて良かったね〜で終われましたが
、虐待されてる勢いの大泣きでした。
まぁおそらく感受性のなせる技なのか、はたまた前世でママと引き離される悲しい記憶でもあるのか…
いずれにしても物語の理解力は、2歳の子供でもかなり発達しているんでしょうね。
それから半年、現在の反応は?
そんなポニョやダンボも、泣かないで見れるようになってます。
少し苦手なシーンも、飛ばさないで頑張って見るんですね。ちゃんと最後まで見たいという気持ちもあるようです。
え?それで今のお気に入りのDVD?
それはミッキーマウスクラブハウス。

感受性とはあまり関係ありませんが、大泣きしないで楽しそうに見ているのでとても平和です。
amazonプライムの会員ならば、いつでも無料で見れますよ。
ミッキーマウスクラブハウスが無料で見られるamazonプライムの入会はコチラから。

Amazon.co.jp

4EB7946A-30BD-4E91-9291-593B581F1DF2.jpg
ミッキーマウス クラブハウスってどんな作品?
ミッキーマウスクラブハウスは、ミッキーマウスと仲間達が、マウスケツールという道具を使って色々な問題を解決していく作品で、ミッキー達が見ている子供に疑問を投げかけ、一緒に解決していく気持ちになれる参加型の作品ですよ。
次はどの道具を使う?
何色の道を行けば良いかな?
などの質問に、うちの子も嬉しそうに答えながら見ています。
知育にも役立つかも?
そして、見ている間は育児の手が休まるので助かってます。
とにかく夢中に集中して見てくれるのはミッキーのおかげ。
ミッキーマウスの力は偉大ですね。

プライムビデオでミッキーマウスクラブハウスを見るのはコチラ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする