歩かないで抱っこして〜!ベビーカーにも乗ってくれない…2歳からの抱っこを補助する抱っこ紐で解消!

スポンサーリンク

子供が2歳になりました。赤ちゃん時代は、それはもう毎日のように使っていた抱っこ紐も、出番がかなり少なくなりました。

というのも、子供が流石に窮屈そうなので、抱っこ紐に入れるのもかわいそうかな?
という事で、持って出る事もかなり少なくなりました。ですが、時々あるんですよね、こんな時…

持ってくれば良かった!抱っこ紐!

ご存知のように2歳といえばイヤイヤ期。
お出かけした外出先で、歩くのをイヤがったりベビーカーにも乗ってくれないで、どうしても抱っこしてくれーっ!とダダをこねる時。荷物も多かったりベビーカーで出かけていたりすると、このクソガキをどうしてやろうか?なんて思ったりします。

歩育という育児について。

ですがね、これって子供とって必要な事みたいなんですね。特に2歳ぐらいの自我がしっかりしてきた頃に。

2歳になって、かなり歩いたり小走りしたり、本人も楽しそうにしてるんですが、まだまだ歩き方は不安定…
歩く、走るという行動にも興味津々で楽しんでいる2歳児ですが、小さな子供にとっては、大人にとって少しの距離でもすごく長いんです。
なので、休むという事も必要。
好きなように歩いたら少し休む。そんな時にちょっと抱っこ。

こんなメリハリをつける事で、歩く事の楽しさを学びつつ、親への信頼を育んで、愛情を感じながら育つことができるんですね。

困った時にカバンが抱っこ紐に早変わり!

町中でよく見かけるかわいそうだな〜と思う光景に、
・ベビーカーに乗ってくれない子供を片手で抱っこしてベビーカーを押す姿…
・何故か2歳ぐらいのお兄ちゃんがベビーカーに乗って、下の子を抱っこしているお母さん…

などがあります。

こんな光景は持ってくりゃ良かった抱っこ紐〜
な状況ですね…

そんな時に男女兼用のユニセックスなデザインで、パパもママも使える抱っこ紐、2歳児からの抱っこ紐として作られた、持ち運びに便利でコンパクト、安心の日本製!抱っこの補助のための抱っこ紐が、「ダッコリーノ」です。
イクメン商品開発プロジェクトから開発された、パパの為の抱っこ紐ですが、ママもカッコよく使えますよ。

ダッコリーノの機能性と口コミ。

収納も以外とたっぷりで、2ルーム構造は荷物の入れ分けがとても便利。
何よりも子供が楽しそうという口コミ通り、歩くこと、そして抱っこしてもらえる事のどちらも楽しんでくれるので、
パパやママのストレスも、お子さんのストレスも、どちらも解消してくれる優れた抱っこの補助グッズがダッコリーノです。

歩き始めたら、思う存分歩くこと、ちょっと抱っこして休む&愛情を感じること。体の発育と心も育て、親子関係までも一緒に育てる。

そんな育児の役に立つ“補助具”がダッコリーノです。セカンド抱っこ紐としてや、2歳の子供の誕生日プレゼントとしてもおすすめですよ。

【歩育という育児方法を実践してみませんか?】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする