ああ、また歯磨きしないで寝た…でも大丈夫!虫歯が無いのはコレのおかげ?

スポンサーリンク

あら、寝ちゃった。

寝かし付けの手間が省けるので、寝オチしてくるのはありがたいんですが、1つ気がかりなのが

歯磨き。

仕上げ磨きも含めて、歯を磨かないで寝たことで虫歯にならないか?

が気になるところですね。

3歳になった娘もこれまでに何度か、いえ、1度や2度ではなく、何十回か?歯磨きしないで寝た事がありますが、先日の3歳児健診で虫歯はありませんでした!

初期の虫歯なんて親が見てもわからないですからね、ドキドキしていましたが”良かった〜。”と胸を撫で下ろしています。

それというのも日頃のケア、特にこの記事の歯磨き粉のおかげかもしれません。

子供の虫歯、親としては当然、気になります。

歯磨きしないで寝るパターン。

子供っていうのは、昼寝もしないでしっかり遊ぶと、夜はごはんを食べながらだろうがお風呂に入りながらだろうが、ガクっと気を失ったように寝て、朝まで起きない。

なんてパターンもありますね。

わが家でよくあるのは、嫁さんの実家に行った、車での帰り道。

実家でごはんもお風呂も済ませて、しこたま遊んだ後なんで、車の中はどうしても眠くなり、途中で落ちる…

車の中でお菓子も食べるし、歯磨きしないで寝るのは気になるけど、家に着いたらそのまま布団に運びます。

これは虫歯になりやすいパターン、虫歯の原因になりかねないですね。

どうして歯を磨かないで寝るのは良くないのか?

子供の虫歯の原因とメカニズム。

子供に限った事ではありませんが、寝ている間というのは唾液の量が起きてる間よりも極端に減るんですね。

唾液がしっかり分泌されていれば、歯の汚れをある程度は落としてくれますし、唾液に含まれるミネラルによる再石灰化作用で、傷付いた表面が修復されます。

なので唾液の量が減る寝る前には、歯を磨く事が虫歯予防にとても大切。

言わずと知れた虫歯の原因の虫歯菌(ミュータンス菌など)は、歯の汚れの歯垢をエサとして食べて、酸を生成するんですね〜。

この酸で歯が溶けると虫歯!という事になります。

永久歯にも影響する乳歯の虫歯。

子供は虫歯の1本や2本あって当たり前、生え変わるんだから平気でしょ?

という考え方も危険です。

乳歯が虫歯だと、乳歯の下にできてくる永久歯の歯並びなんかに影響がでます。

歯並びが悪くなると、食べカスなども溜まりやすくて、大人になっても虫歯になりやすい人になってしまうかもしれません!見た目も悪いですね。

おぉ怖い怖い…

だからと言って、1日ぐらい歯磨きしないで寝たぐらいでは、すぐに虫歯になる訳ではありません。

そんな時は無理に起こして歯磨きする必要は無いと思います。

それよりも普段からのケアや習慣の方が、子供の虫歯予防には効果があるでしょう。

子供の虫歯の予防と対策。

子供を虫歯にしないための対策としては、まずは出来るだけ甘い食べ物は控えます。

わが家もおやつはなるべくお煎餅などにしようとしてますが、まぁアイスやチョコレートも食べてますね。好きなんで大人しくさせる時に…

他にもよく言われるのは、間食とかダラダラ食べをやめること。

これは、口の中に食べ物がある時間が増えると、唾液が作用する時間が無くなるからです。

そして歯磨き!

1日の歯磨きの回数の理想は3回、毎食後ですが、わが家は1回です。

寝る前にこちらの歯磨き粉で。

↓↓↓

この乳酸菌配合の歯磨き粉のおかげなのか、こんな感じでそれほど神経質にならなくても3歳児健診での虫歯は0でした!

【日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合】
子供用歯磨き粉【ブリアン】

歯磨き粉っていうのは効果が目に見えてわかりませんが、ひとまず3歳児健診で虫歯が無かったという事は、この歯磨き粉は続けた方が良いでしょうね。

*大人用はコチラ。
↓↓↓
善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉

↑子供用が好評につき、大人用も。口臭も減らしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする