あら不思議?やけど?冷たい?色が変わってミルクの適温を教えてくれる哺乳瓶!

スポンサーリンク

哺乳瓶でミルクを作る時、温度はどのように計っていますか?

飲ませる時の適正な温度は、お母さんの母乳と同じ人肌程度。

飲んでいる間に冷めてくるので、体温より少し高めの40度ぐらい。やけどしないで飲める温度が最適です。

ミルクはお湯じゃないと溶けませんが、ここで沸騰している熱湯を使うのは辞めましょう!

粉ミルクを作る時の注意点と、赤ちゃんに飲ませるのに最適な温度にする方法をご紹介します。

ミルクの作り方の注意点。

赤ちゃんに飲ませるミルクを作る時、ミルクはお湯じゃないと溶けませんので、お湯で溶かしてから適温まで冷ます。

誰もが知っているミルクの作り方ですね。

ですが、何かとバタバタしている育児だからと言って、沸騰した熱湯で粉ミルクを溶かすのは避けてください。

何故なら、熱湯を注いでしまうと、粉ミルクの大切な栄養成分が無くなってしまうから。

特にビタミンCは熱に弱い事はよく知られていますね。

ミルクを溶かす時のお湯の温度は70度が適温です。

栄養素も壊さず、粉ミルクに僅かに含まれている菌や、水道水に含まれている菌を殺菌できます。

ベストな方法は、1度沸騰させてから70度に冷まし、そのお湯で粉ミルクを溶かすこと。

これだとかなり手間がかかりますので、授乳期の間だけでも、ウォーターサーバーを契約しておくとかなり重宝します。

*ママから絶大な人気のウォーターサーバー

コスモウォーターを詳しくみる

ウォーターサーバーなら水道水のような雑菌の心配もありませんし、粉ミルクを溶かす時に最適な温度の70度のお湯がいつでも出てきます。

飲む時の最適な温度の作り方。

70度のお湯で粉ミルクを溶かしたら、今度は飲むのにちょうど良い温度に冷まします。

冷ます方法は、

  • 哺乳瓶を流水にあてる。
  • 少な目のお湯で作って水を入れる。

この2つが一般的ですね。この時に使う水は、湯冷ましかミネラルウォーターを。

この時も、冷水が出るウォーターサーバーがあると手早く冷ます事ができます。

ママに最適!ボトルが下にあるウォーターサーバー。

コスモウォーターを詳しくみる

コツとしては冷ましすぎない事。冷まし過ぎた場合は湯せんで温め直す事もできますが、そうならない方が良いですね。

色が変わって適温をお知らせ!魔法の哺乳瓶。

哺乳瓶のミルクを適温に冷ますのにとても便利で不思議な哺乳瓶があります。

マジックベビー

(楽天)

【名前の通り、魔法のような哺乳瓶。販売ページに実際に色が変わる動画もあります。そちらで色が変わる様子を確認すれば、なんだか楽しくなってきますよ。)

この哺乳瓶、40度以上の温度で色が変わり、冷めて40度になると元の色に戻る哺乳瓶です。

ガラス製であらゆる消毒方法(煮沸、電子レンジ、薬剤)にも対応。

万が一、落下などで割れても飛び散りにくいコーティングも施されています。

そして嬉しい事に、ピジョンの母乳実感などの乳首とも互換性があるので使えるんです!

育児の中での小さなストレスや不安を減らしてくれる画期的な哺乳瓶ですね。

ウォーターサーバーとマジックベビーがあると、思っている以上に育児が楽になります。

できるところは楽をする。

それが上手な育児には大切な事ですね。

【育児に最適なウォーターサーバー】

【色で適温を知らせてくれる哺乳瓶】

ウォーターサーバーは最近、水道直結型、ボトル無し、交換不要の定額制が主流になりつつあります。
確かに経済的で手間も少ないですね。

前回の記事で、アップリカ製品のウォーターサーバーキャンペーンを見つけたので、 あると便利!ミルク作りがすごく簡単になるウォーターサーバーを...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする