水天宮で安産祈願。戌の日のお参りは日程をずらすべし!

スポンサーリンク
東京で戌の日の安産祈願と言えば水天宮!
東京は日本橋にあります、水天宮に安産のご祈祷に行ってまいりました。

僕たちが行った時は、水天宮の本殿は改修工事中でして、今は歩いて10分ほどの浜町駅にほど近い、明治座の横に仮の宮があります。

戌の日の水天宮の混雑具合。

戌の日で日曜日で大安ともなると、なんと入場制限もでてディズニーランド並みの混雑になるらしいですよ!
3時間待ちで一度に60人ほどが一緒にご祈祷を受けるそうです。
なので実際に建物の中に入れるのは妊婦さんか代理の方のどちらか一名のみになります。
こりゃなかなかハードだと思いますので、妊婦さんは体調を崩さないようにスケジュールを考えて行きましょうね。

下見に1度行って、ご祈祷は戌の日にしなくても良いと伺っていたので、僕達は戌の日を避け、5ヶ月の最初の戌の日の前に行ってきました。

これまた子供ができるまで知らなかったイベントが 戌の日のお参り。 妊娠当初に知りました。 まだ先だ先だと思っている内に近付...

空いてたよ!戌の日以外の安産祈願。

平日で、戌の日でもない日なので水天宮は混雑する事なく、受け付け後15分ほどでご祈祷を受ける事ができました。

気になる費用は?
安産祈願の料金は初穂料5,000円、水天宮でご祈祷済みの腹帯と合わせたお守りのセットは4,000円で、合わせて9,000円でした。(腹帯無しのお守りは3,000円です。)
ご祈祷だけなら普通のお値段ですね。

いやぁ、でも何でもない日に行けて良かったです。

先ほども書きましたが、混雑時は一度に60人で一緒にご祈祷という事です。

が、僕達は2家族の7人だけで受けられまして、とてもリラックスムードで良い雰囲気で受けられました。

赤ちゃんを連れてお礼参りに来ている方もチラホラ。

帰りは人形町を散策してご飯を食べて帰りました。しかしこんなに妊婦だらけの町っていうのも珍しい光景ですよね。

どこの神社でも大丈夫な安産祈願。

別に水天宮でなくても、近所の神社など、おそらくどこの神社でも安産祈願はやってますので、無理せずにそういった所に行くのも良いかと思います。

腹帯などは無いと思いますが、自分で用意した物を持って行き、ご祈祷を受けまして、戌の日に巻くという事で良いそうですよ〜

ちなみに妊娠線の予防や大きくなったお腹のケアにはキャリネスのボディクリームを使っています。

伸びが良くてめちゃくちゃ気持ちいいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする