40代の妊活、嬉しいニュースを発見!高齢出産のメリットとは?

スポンサーリンク

わが家ではタイミング法によって第一子の妊娠に繋げることができました。

36歳での入籍当初、

子供は居なくていいかな〜?

と思っていたんですが、結婚から数年が経ち、やっぱり子供が欲しい!1人ぐらい子供を残さなきゃ!と思うようになり始めました。

そこからズルズル…40代になってしまいました…

基礎体温計のすすめ。

それまでは生理日から排卵日を予想して妊活していたのを、基礎体温計を購入しまして、基礎体温の変化から排卵日を狙う妊活方法にしました。

1番基本的な妊活の方法ですし、子供を授かりたい時には最初にやる方法でしょう。

ちなみに40代で自然妊娠する夫婦は2%しかいないそうで、40代で妊活する方は最低でも基礎体温計を使ったタイミング法は取り入れましょう。

基礎体温計には過去のデータを記録して、排卵日を前もって予測してくれる物があります。これによって排卵日を知る事により、妊娠の確率はグッと上がります。

あとは僕が排卵日の1週間ぐらい前から射精をガマンする!と。

他の記事で書いていますが、卵子の老化は梅のエキスで防ぐ事ができるようです。

高齢での妊娠を希望する時に、まずはそんな事をやっていました。

40代での妊娠・出産に関する嬉しいニュース!

夫婦生活も、結婚や同棲をしてから2年を過ぎると、子供を作る家庭はガクっと減るそうで、まずは子供を作るための頑張りも必要ですね。

明るい家族計画という言葉が昔からあるように、子作りは計画的に、意識的に行わないと、特に高齢の場合は難しそうです。

40代ともなると、体の不安、将来の不安、子供に障害の出るリスクの不安、色々な不安があるのは当然です。

だからと言って先延ばしにすればするほど、更に不安材料は増えていきますので、子供の欲しい方は、夫婦でしっかり話し合い、積極的に取り組んで下さいね。

高齢出産の不安を少し解消してくれる、こんな記事も見つけましたので。

(ニュースのソースは時間が経つと削除されているかもしれません。)

この記事によると、

  • 40代で出産をした女性は寿命が長い
  • 意識的に育児をするので、情緒的に安定した子供になる

といった傾向があるようです。

これは嬉しいニュースですね〜。

色んな不安もあると思いますが、デメリットばかりでなく、嬉しいメリットもあります。

40代で妊活中の方、妊娠中の方、希望を持っていきましょうね。
(高齢出産を推奨している訳ではありませんので、若い方はのんびりせず、しっかり妊活して下さいね。)

・梅のエキスに関する記事はコチラ↓

前回、40代の出産についてのメリットにも触れました。 とはいえ、やはり卵子の老化は33才頃から始まります。35歳からが高齢出産と言われ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする