どうしよう?生後6ヶ月で赤ちゃんがインフルエンザ!母親に感染る?症状と対処法は?

スポンサーリンク
そろそろ時期は終わりかと思いますが、わが家の赤ちゃんが、先日インフルエンザにかかりました。生後6ヶ月です。
そのままお母さんにも感染しました。
赤ちゃんのインフルエンザにタミフルは?薬は?授乳は?
幸いにも僕は感染しませんでしたので、その時の様子や対処法、感染の予防方法などをお伝えしたいと思います。

image.jpeg

赤ちゃんのインフルエンザの初期症状は?

インフルエンザの症状といえば
・急な発熱
・節々の痛み
・寒気、悪寒

ですが、赤ちゃんの場合、痛いとか寒いとか言えないので、熱を計ってみるしかありませんね。
他に、咳がある場合もありますし、普段より元気が無い、泣いたりグズったりすり時間が多くて機嫌が悪い。

そして触ると熱い!

そんな場合は熱を計ってあげて下さい。

わが家も少し咳が出てるだけでしたので、気がつかずにしっかりお風呂も入れて、いつにも増して機嫌が悪く、抱くと体が熱いな〜。と思って熱を計ってみると、38.3度!

でも風邪か知恵熱か?と思いながら、次の日に小児科に連れていくと、見事!インフルエンザA型の陽性反応!

ビンゴですね…

タミフルは?赤ちゃんのインフルエンザの治療法。

処方された薬は漢方と粘膜を整える薬。基本的には1歳未満の赤ちゃんにはタミフルは処方されません。

(気軽に処方されたらご注意を。)

「このぐらいの薬で大抵は治るけど、様子を見て重症化するようなら大きな病院を紹介します。」

との事で、産まれて初めての発熱はインフルエンザとなりました…

対処法と家族への感染予防。

症状としては、2〜3日ほど、熱が上がったり下がったりします。
熱が上がったら、冷えピタアイスノン(赤ちゃん用の物があるので常備しておく事をおすすめします。)それから保冷剤で、頭や首、脇などを冷やします。

体が小さいのでビックリするぐらいすぐに冷えます!

冷やしすぎに気を付けてくださいね。

下がったら止めて、上がったらまた冷やす。
これを繰り返します。
そして脱水を防ぐため、授乳の回数を増やしましょう。
何よりの栄養ですし、赤ちゃん用のイオン飲料は、わが家の子は口に合わないのかあまり飲みませんでした。

喉の乾燥を防ぐために、湿度は高めにしておきます。加湿器があると良いですね。

わが家は加湿器が無いので、やかんを弱火にかけて湿度を保ちました。

湿度を高くする事は、家族への感染予防にもなります!
インフルエンザのウィルスは湿度に弱く、湿度50%以上では、1時間以内にほとんど死んでしまいます。

感染の対策には、いわゆる空気感染はしないで、飛沫感染ですので特に手洗いが大切。

家の中でもマスクをし、主に咳から出てくるインフルエンザウィルスが、喉の粘膜に進入するのを防げば予防できます。

口に入ったと思われる場合は20分以内にうがいで排出し、感染成立させないこと。

これをしっかり実行!

以上を意識して実行することで、パパへの感染は防ぐことができました。

ママはというと…

インフルエンザとは気が付かないで、赤ちゃんの咳をモロにかぶりながら寝かしつけたりしてますからね、せめてマスクをしてれば防げたかもしれません。
ちなみに授乳からはどちらも感染しません。
ですが、授乳中に咳から出たウィルスが口に入ることから感染します。

インフルエンザの感染予防の復習

・湿度は50%以上!
・こまめな手洗い!
・ウィルスが口に入ったと思う時は20分以内にうがい!
今回は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする