効率良く回れた?2歳でディズニーランドデビューの体験談。

スポンサーリンク

2歳4ヶ月、ディズニーランドに行ってきました!

デビューの時期としてはちょうど良かったかな?

という感想です。

2歳のわが子供はよく反応するし、とても楽しそう。

ミート・ザ・ミッキーやパレード、ショーなどで出会うミッキーに、目は釘付け!キラキラと輝いた目で、親としてもうれしくなるほどに。

2歳の記憶…大きくなったら覚えていないかもしれませんが、とても良いタイミングのディズニーランドデビューだったと思います。

効率良く回るための計画もたてて行き、まぁ、その通りには行きませんでしたが、充分に楽しめたと思います。

さて、まぁ東京に住んでいる以上、子供が小さいうちに1度は連れて行かねばと思っていた 東京ディズニーランド。 みなさんは何歳ぐらいのデ...

とにかくミッキーに会って写真を撮る!

セオリー通りに?入園と同時にママがプーさんのファストパスを取ってミート・ザ・ミッキーに並びます。

僕はゆっくりとベビーカーを押してママと合流。

ママからのメールでは、ミート・ザ・ミッキーの待ち時間は1時間ちょっとなので、トゥーンタウンに行ったらミニーの家を見てから合流。

ミートミッキーって中に入ってからが意外と長いんですね。

ですが、ミッキーの家の中も楽しみながら、無事に念願のミッキーと写真を撮りました。

ファストパスでプーさんのハニーハント。の前に。

ミッキーとの写真を終えると、時間は9時半。

プーさんのハニーハントのファストパスの時間は10時40分〜という事で、この間にファンタジーランドに移動して、空飛ぶダンボ。

待ち時間は40分で、「黄色に乗る!」と言っていたチビちゃんの希望通り、黄色のダンボに乗れて、降りてくるとちょうど1回目のパレードがやってきました!

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ

ダンボを降りた場所は、パーク内の1番奥のパレードのスタート地点の近く。パレードのスタートの興奮を感じるには絶好のポジションで、僕は一生懸命肩車。

肩の上で目をキラキラと輝かせて手を振り喜ぶ娘ですが、途中でさすがに疲れてきて、肩から降ろそうとすると、

足を絡ませて降りようとしません…

しかし生で見るディズニーのキャラクター達に大喜びの2歳の娘でした。

プーさんのハニーハント。

行く前から公式サイトの動画を見て1番楽しみにしていたのがプーさんのハニーハント。

ファストパスの時間もバッチリです。パレードも見れてラッキーな気分で向かいました。

が…

2歳の娘にはハニーハントは怖いアトラクションでした…

奇妙で早い動きのポッドでは早すぎてプーさんたちを目で追う事もできず、ズオウとヒイタチの夢の中は、暗くて怖く、ママにピッタリと顔を埋めたままのハニーハントでした…

降りてからのクリストファー・ロビンの部屋は怖くないのでのんびり眺め、プーさんのぬいぐるみとお話ししたり、なんとか楽しめたかな?

この辺でオムツ交換。

さて、早目のお昼ごはんにしようかと思いましたが、スーパードゥーパージャンピングタイムの12時05分の回に間に合いそうなのでそのまま向かうことに。

子供だけのスーパードゥーパージャンピングタイム。

親は両サイドの椅子に座り、子供たちは客席の中央のスペースで、ミッキー達と歌ったり踊ったりを楽しむショーです。

親も一緒に入れるスペースは埋まっているということで、

子供だけ?2歳の?

娘に1人で見れるかママが聞いてみると、なんと「大丈夫。」と。

念のためにもう一回聞いてみると、「大丈夫。」

なんとショーの30分間、1人で座って見たのでした!

す、すごい…
立って踊ったりはできませんでしたが、我が子をちょっと尊敬しました。

ベビーカーでお昼寝。

で、お昼ごはん。冬で天気も悪く、寒かったので、出来れば室内で食べれるところで、子供が食べてくれそうなものを選びたいです。

目の前のプラザパビリオンレストランに行けば良かったのですが、チキンやラーメン、カレーなどを考えていたので移動しますが、ラーメンのチャイナボイジャーは行列…

スタッフさんに聞くとカレーのハングリーベアレストランは屋外の席が多いということでパス、スキッパーズギャレーのテリヤキチキンレッグを買い、ちょっと遠いけど室内型のレストランで席数が1番多いプラズマレイズダイナーへ行く事に。

時刻は午後の1時半。

流石に早起きしたので、お店まで移動している間にチビちゃんはベビーカーでスヤスヤ…可愛い寝顔で寝ています。

プラズマレイズダイナーはトゥモローランド。はい、ここで子供が寝てるうちに僕はタバコ。スターツアーズの奥側に喫煙所があります。

少し遅めのお昼ごはんになりました。

 

ここで少し雨が降ってきて、午後へ続く…
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする