100均のブックスタンドで?ストライダーを立てて置くグッズやアイデア。

スポンサーリンク

ストライダー、子供の自転車の練習にもってこいの、ペダル無し自転車ですね。

わが家でも3歳になったぐらいに購入して、子供も気に入って張り切って乗り、スイスイ乗っています。

4歳半を過ぎたので、そろそろペダルがある普通の自転車に移行していきたいところですが、ストライダーが気に入っているので難しいかも…

ところでストライダーを持っているみなさん、

どうやって置いていますか?

自宅で、そしてお出かけ先で、

ストライダーを立てて置きたい!

そう思った事はありませんか?

どこかに立てかけて置いても、なかなか安定しないので、すぐに倒れてしまう…そんな悩みを解決するストライダーのスタンドのアイデアをご紹介いたします!

DAISOなどの100均のブックスタンドを利用する方法。

まずは、目からウロコなアイデアの、100均のブックスタンドをストライダーのスタンドにしてしまう方法。

DAISOとかキャンドゥ、100均のブックスタンドにはいくつか種類がありますが、1番おすすめはコチラ!

ストライダーのスタンド

(画像元:https://roomclip.jp/photo/FhQR)

ブックスタンドを2つ使って、費用はたった200円のアイデア収納!

スッキリしていて、それでいておしゃれですね。

それから別の形のブックスタンドでも、

(画像元:https://gyutte.jp/blog/165482)

これも良いですね!

ストライダーがインテリアにもなりそうな収納方法です。

他にも割と手頃なお値段でストライダー用のスタンドは色々と販売されています。

例えばストライダーとヘルメットの収納に便利な山崎実業のタワーというスタンドは人気があります。

そしてこちらはストライダー純正のスタンド。立てておくためのスタンドで、とてもスタイリッシュです。

純正にこだわりたい方はどうぞ。

100均のブックスタンドを使ったストライダーを立てて置く方法は費用が安い!という大きなメリットがありますが、問題は

お出かけ先ではどうするか?

ストライダーの純正スタンドについて。

お出かけ先でもストライダーを立てておきたい時、ブックスタンドを持ち歩くというのも不便です。

そうなるとやっぱり

ストライダー本体に取り付け可能で、ガチャっと出して立てられる。

というのが1番便利。

先程の商品とは別に、一般的な自転車に付いてるようなスタンドも、ストライダーの純正オプションパーツとして販売されています。

名前はキックスタンドという事で、

やっぱり純正、費用は少しかかりますが、おすすめはコレかな?

と言いたいところですが、この純正スタンドは14インチ用しか販売されていません…

14インチのストライダーって言うのは、へんしんバイクよろしく、ペダルが付けられるストライダーですね。

ペダルなし自転車のストライダーは12インチですし、この純正のキックスタンドを取り付けられないのでご注意を。

12インチのストライダーに取り付けられるキックスタンド。

子供が足で蹴りながらスイスイ乗るストライダーは12インチ。

ではこのストライダーに取り付けられるスタンドは?

それがコチラ。

純正ではありませんがコレなら取り付け可能。

競技などに出るとなると、ちょっと邪魔だったり重さも気になってしまうかもしれませんが、そうでなければ親としても出先でも楽ちんでしょう。

ストライダーは立ち姿も様になります。

ストライダーのスタンドまとめ。

個人的には純正ではありませんが、最後のキックスタンドを取り付けてしまうのが街中や公園で、そして自宅でとても重宝すると思います。

100均のブックスタンドを使うアイデアも素晴らしい!と思いますけどね。

せっかくなら12インチ用の純正のキックスタンドがあると、やっぱりそれを選びそうですが、ペダルなしのストライダー自体の用途が違うのでしょう。

販売がありませんね。

ちなみにストライダー用の鍵は100均の自転車用のワイヤーロックを使ってます。

盗難が心配なストライダーですが、鍵はそれで十分だと思います。

ストライダーを立てて置きたい!

ぜひ、そんな時の参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする